佐相はじめのブログ

2016年9月 1日 木曜日

棚卸資産の消費税

法人税では所得金額の計算上、商品販売等の売上原価は次の算式により計算されます。
(期首商品棚卸高+当期商品仕入高)-期末商品棚卸高
これに対し消費税では、期末商品棚卸高や売上原価という概念はありません。
当期商品仕入高に含まれる消費税額が、仕入税額控除の対象になります。
ただし前期が免税事業者の場合は、期首商品棚卸高に含まれる消費税額も仕入税額控除の対象となり、
翌期が免税事業者のの場合は、期末商品棚卸高に含まれる消費税額が仕入税額控除の対象から除かれます。

投稿者 佐相会計事務所 | 記事URL

2015年10月 7日 水曜日

贈与税が非課税となる婚礼費用

結婚・子育て資金の一括贈与に係る贈与税の非課税の対象となる婚礼費用は、次のような費用です。
受贈者の挙式や結婚披露宴を開催するために必要な費用。会場費、衣装代、飲食代、引き出物代、写真・映像代、演出代、装飾代、ペーパーアイテム(招待状等)、人件費等。

投稿者 佐相会計事務所 | 記事URL

2015年9月10日 木曜日

減価償却資産となる美術品等

美術品等のうち次に掲げるものは減価償却資産に該当します。
・取得価額100万円以上で時の経過でその価値が減少することが明らかなもの
・取得価額100万円未満で時の経過によりその価値が減少しないことが明らかなもの以外
ただし古美術品等の歴史的価値や希少価値があり、代替性のないものは減価償却資産には該当しません。

投稿者 佐相会計事務所 | 記事URL

2015年9月 9日 水曜日

空港使用料と消費税

航空券を購入した場合、運賃のほかに空港使用料を支払うことがあります。
これは国内線、国際線を問わず国内における役務の提供に対する料金であるため、消費税の仕入税額控除の対象となります。

投稿者 佐相会計事務所 | 記事URL

2015年9月 8日 火曜日

委託販売受託者の消費税

委託販売の受託者は、委託者から受け取る手数料が売上となります。
ただし、その委託販売が課税資産のみである場合は、売上と仕入を両建てで計上することができます。

投稿者 佐相会計事務所 | 記事URL