佐相はじめのブログ

2015年2月 9日 月曜日

棚卸資産の売上計上基準

税法上、棚卸資産の販売による売上の計上基準は、原則として「引渡基準」とされています。
「出荷基準」や「検収基準」も認められていますが、一度選択した計上基準は継続適用する必要があり、利益操作など恣意的な目的で変更することは認められていません。
ただし、取引形態や販売条件に明らかな変更があるなど、合理的な理由がある場合には計上基準の変更が認められます。

投稿者 佐相会計事務所