佐相はじめのブログ

2015年1月 7日 水曜日

従業員への食事の支給

飲食店等で従業員に調理した食事を提供する場合、その食事の材料費等の半額以上を負担してもらい、かつ、店側の負担額が月額3,500円以下であれば、福利厚生費として損金算入でき、給与課税されません。

投稿者 佐相会計事務所