佐相はじめのブログ

2014年2月 5日 水曜日

不動産所得の事業的規模の判定

不動産所得の事業的規模の判定にあたっては、次の点に注意してください。
・不動産が2人以上による共有の場合→その不動産の全体の貸付けの規模で判定
・貸地がある場合→1室の貸付けに相当する土地の貸付件数を「おおむね5」として判定する。つまり貸地のみの場合おおむね50件あれば事業的規模に該当

投稿者 佐相会計事務所