佐相はじめのブログ

2013年11月14日 木曜日

贈与税の暦年課税

贈与税は個人から財産をもらった時に課税される税金です。
贈与税の課税方法には暦年課税と相続時精算課税の2種類がありますが、今回は暦年課税についてお話ししたいと思います。
暦年課税は1月1日~12月31日までの1年間にもらった財産の合計額から基礎控除額110万円を引いた額に対して課税されます。
同じ年に複数の人から財産をもらった場合は、その合計額から110万円を引いて計算します。
1年間にもらった財産が110万円以下の場合には贈与税は課税されません。


投稿者 佐相会計事務所